遺留分減殺請求を早期に弁護士に依頼するメリット

  • 不公平な遺言があって納得できないので、遺留分を請求したい
  • 遺留分請求は弁護士に依頼した方が良いのか?

遺留分減殺請求は、早期に弁護士に依頼すべきです。

以下で弁護士に依頼するメリットをご説明します。

 

1.手間がかからない

遺留分請求は、自分で行うと手間のかかる手続きです。ネットで遺留分減殺請求書の書式などを調べて内容証明郵便を作成し、相手に向けて発送しなければなりません。

弁護士に任せればこうした手続きはすべて弁護士が行うので、依頼者には手間がかかりません。

 

2.ミスで時効が成立してしまうリスクが低下する

遺留分請求は、時効が完成するまでに行う必要があります。そうでないと時効によって一切の請求ができなくなってしまいます。

弁護士に依頼すると、速やかに遺留分減殺請求書の内容証明郵便を作成・発送するので遺留分減殺請求権の時効成立を防ぐことが可能です。

 

3.相手との交渉もスムーズに進む

遺留分を請求する際には相手との交渉が必要です。ところが自分で話をすると、相手との間で感情的な対立が起こり、話し合いがまとまらない可能性が高くなります。

弁護士であれば法律の専門家としての第三者的な立場から、冷静に相手と話し合うことが可能です。

 

4.適切な解決に向けて進められる

遺留分の返還方法を決める際には、どの遺産から返還を受けるのか、また物を直接返すのか金銭賠償にするのかなど、いろいろな角度からの検討が必要です。

自分たちではどういった方法が適切か決めにくいものですが、弁護士がついていれば適切に遺産を評価して遺留分割合を計算し、妥当な方法による遺留分の返還に向けて進められます。

 

5.話し合いが決裂しても安心して任せられる

相手と遺留分の返還方法について話し合っても合意できないケースがあるものです。そのようなとき弁護士に依頼すれば、遺留分減殺調停や訴訟を利用して粛々と請求手続きを進められます。

遺留分減殺請求には相続開始と遺留分侵害を知ってから1年の時効が設定されており、早期に着手する必要があります。当事務所では弁護士費用についてもリーズナブルにさせていただいていますので、お早めにご相談ください。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0362726815電話番号リンク 問い合わせバナー